2018-08-19

秋山タカヒコ(downy)さんからのコメント

圧縮された4つ打ちビートやラップミュージックがメインストリームにけたたましく鳴り響きメロディが枯渇してしまったかのような今のミュージックシーンの中で、
Stefanieの音楽は華やかで軽やかなイメージとは裏腹に60年代から90年代にかけて存在したポップス黄金時代の精神を受け継ぐという意味において実に骨太に、且つしなやかに仁王立ちするのです。

「架空の国の架空の時代のポップス名盤」が
10年寝かせて熟成するどころか瑞々しさが増し、リアルに鳴り響く。No More Fantasyなのだ。

関連記事